細野ひで晃 BLOG
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
<< 報告。 | main | Akira Kurosawa >>
@ radical.media
category: - | author: mr.hide
 さて、移籍した@radical.media をご紹介します
まずは表の看板に注目です
会社名の下に記されている never established... よく何年に設立みたいに書くのが一般的だけど、ここには永遠に設立されない!と...
時代に合わせて柔軟に形を変え、フレッシュであり続けようとするこの会社の姿勢が伺える 僕はこれを見て移籍先をこの会社に決めたと言っても過言ではないほど、この看板を気に入りました
勿論、@ radical.media に所属するというのは大学時代からの夢でもありましたが、今回の僕の移籍に手を上げてくれた会社は全部で7社ありました
その多くがとても魅力的な会社ばかりでしたが、この看板のいつまでもアグラをかかない姿勢は、今の自分に突き刺さりました... 
そして、なんと言ってもこの男との出会いです 社長のフランク
ゴットファーザーをこよなく愛するイタリア人の彼の人柄は本当に素晴らしいです
人を引き込む魅力、家族や仲間を愛し、戦う男ってカンジ 人望も厚く、とても信用出来ます
フランクの部屋に並ぶトロフィーの数々
至る所にブースがあり、プロジェクトごとにかき集められたフリーのスタッフが仕事をしています 
そして各ブースの横には個室があり、そこがディレクター・ルームになります上の写真↑でいうと...下手側がブースたちで、その奥に一部屋と上手に並ぶのがディレクター・ルームたちです。下の写真↓がその個室の中です
会議や作業が出来るテーブルとソファーとテレビ、軽食が常に用意されています
大きなキッチンもあり、とても開放的な空間です
そして、キッチンから裏に出るとディレクター専用のパーキング・スペース
奥の小屋はオーディション・ルームになります
全く、至れり尽くせりの環境でございます
そして、この会議室はテレビ電話常備されている社長こだわりの会議室です
@ radical.media は NY をメイン・オフィスとして世界6都市にオフィスがあるんですが、その全てがこの雰囲気で作られているそうで、クライアントがどの都市に訪れても、電話会議で離れて話していても、同じ会社と仕事をしているというイメージを常に持ってもらう為に同じコンセプトで意図的に作られているそうです NYオフィスは僕も先日行きましたが、広さは倍ぐらい広いけど、雰囲気は正に同じでした
エクゼクティブ・プロデューサーのドナ 
元々はワイデン&ケネディー(広告代理店)のプロデューサー
もう一人のエクゼクティブ・プロデューサーのジム
元々はフランスのパルチザンというプロダクションのプロデューサーでした
西海岸のレップ・プロデューサー(営業)のマイケル
彼は元々、コッポラ兄弟がいるディレクターズ・ビューローにいました

皆、それぞれに過去があり、今ココ @radical.media に集まっています!

ナカナカ簡単に全てお見せする事は出来ないほどに大きな会社ではありますが、僕の新しい環境でございましたさて〜頑張らなければッッ! また〜



comments(0) | - | - | - | PAGE TOP↑






SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH